「ビッチ・オン・ザ・ポール」を読んだ感想